マナー違反は周りを不快にする。

日々の生活で、マナー違反を目撃することも多いでしょう。
マナー違反って、ほんと不愉快な気持ちになりますよね。でも、気づかないうちに自分がマナー違反をおかしていて、周りに迷惑をかけるというケースも少なくないと思います。
 
他人のふり見て我がふりなおせとはよく言ったもので、自分からみて不快だと思うマナー違反を改めて確認してみることで、反面教師的にすることは大事なことです。

まず初めに、銭湯や温泉大浴場でのお湯の入り方について考えてみます。

自宅のお風呂ではなく、みんなが入るお湯


風呂マナー銭湯や温泉大浴場を利用する際に一番気にすべき点は、みんなが気持ちよくお湯を楽しめることだと思います。

つまり、体をきれいにした状態で初めて湯船につかるべきだということです。

私も小さい頃、お風呂に入る前には体を洗うこと。
少なくとも、お湯で体を流して、股間(陰部)をお湯できれいに洗い流してから入ること。と教えられてきました。

先日友達とサウナ、銭湯に行ったのですが、その友達は服を脱いだ後、何もせずに湯船につかったのでびっくりしました。

せめて、おちんちんとお尻の穴ぐらいきれいに洗い流してから、湯船につかるべきでしょう。肛門も洗い流していないので汚物がついているはずです。

しかも、その友達は仮性包茎です。本人は気づかれてないと思ってますが、みんな気付いてます。隠しきれるものではありません。

仮性包茎の人は特に皮を剥いて陰部にこびりついている白い恥垢を洗い流してからでないと、湯船に白い固形物がプカプカと浮いてしまうので、みんなから白い目で見られます。
そんな最低限のエチケットも守らず、体をお湯で流すことなく湯船に入った知人を私はとても軽蔑しました。

仮性包茎であれば、みんなが使うお湯に入るときは人一倍気を遣うべきでしょう。

私はその湯船には結局入らず、サウナとシャワーを使用した後、その場を後にしました。
その知人

最低限のエチケットぐらい守るべきだと思いますし、特に念入りに洗う必要がある人は、人の何倍もきれいにしてから、湯船を使用すべきだと思います。

みなさんはどう思いますか?